四谷三丁目グルメ

四谷三丁目といえば、ギャラリー巡りに立寄るくらいの街であった。

以前、旧Place Mのワークショップに通っていた時も行く店は限られていた。

ところが、ギャラリーを構え街が身近になるといろいろと良いお店があることが分かってきた。荒木町はまだハードルが高いが、近所の気になる店の何軒かに入ってみた。

 

まずは「ひつじや」。羊料理の店であるが、変わった国のビールとワインが充実している。レバノンのビールとウルグアイのワインを飲んでみた。

f:id:JHPB:20140921200703j:plain

f:id:JHPB:20140921200857j:plain

f:id:JHPB:20140921201919j:plain

ビールはすっきりした味、ワインは羊料理にぴったりだった。共に300円台と値段も安い。原価+100円だそうだ。料理も美味しい。

 

次に「天春」。天ぷらと天丼の店。

天丼とシジミ汁を注文。値段は安くはないが、良い味。

驚いたのはシジミ汁だ。

f:id:JHPB:20140920192532j:plain

こんなにシジミを食べたのは初めて。

写真がぼやっとしているのは、OLYMPUSのTG-3で遊んでいるから。

 

あと、ギャラリーで食べる昼食ではまってしまったのが、 大阪鮓の「八竹」(はちく)だ。茶巾がこんなにおいしいものだとは知らなかった。

安いものではないが、お土産にも良い。

 

ギャラリーに通う楽しみが増えた。

 

 

 

広告を非表示にする