iPhone紛失

昨日、PGIの後、東京芸大ロバート・フランク展へと向かった。

その途中、iPhoneを落としてしまった。すぐ気がついたのだが、途中駅で発見することは出来ず総合取扱所の連絡先を渡された。2時間後位に電話しろというのだが、「いや、その電話がないのだが」と言いそうになってしまった。

仕方がないので、芸大に向かいロバート・フランク:ブックス アンド フィルムス、1847-2016東京展を鑑賞。1995年の横浜美術館のイメージが強かったせいか、大分違う印象。作品は展示終了後破棄されるとのこと。540円の新聞形式の図録を購入。好企画である。特に入場無料なのが良い。

途中、公衆電話を探しながら移動したのだが、なかなか見つからない。幸い芸大の前にあったので観賞後電話するが混雑で通じず。10円が1枚しかなかったので、もったいないの自宅に戻ってから再度電話。何と銀座駅に届いているという。

そういう訳で、本日銀座でDMをまきつつiPhoneを無事受取る。驚いたことに帰りの東京メトロの代金は出してくれるという。何と親切なことか。届けてくれた方にも感謝。

 

広告を非表示にする