「花街2014」終了しました

平賀淳写真展「花街2014」無事終了しました。

多数の方々のご来廊有難うございました。写真集やZINEを手にして頂いた方も多く、いつも以上に手応えを感じられた展示となりました。

来年は、2011年から2014年をまとめたいと思っています。

 

続けて告知です。

 

8月後半に北海道でのグループ展に参加します。

平賀は2001年の福島と2012年から2014年に撮影した復興商店街を展示します。

 

Keep in mind -あの町の記憶といま-

■参加作家
 丹野章、中居裕恭、谷口雅彦、柴田秀一郎、平賀淳、柳本史歩、矢内靖史、池田忠、西岡修
 ※福島民友新聞社提供の写真も併せて展示

■会期
2015年8月16日(日)~8月30日(日)

■開館
10:00~18:00 ※月曜休館

■会場
アートホール東洲館
〒074-0001 北海道深川市1条9番19号 深川市経済センター2階
TEL:0164-26-0026
HP:https://www.city.fukagawa.lg.jp/cms/section/ikibun/ik75k4000000cfs3.html

JR深川駅下車徒歩1分
空知中央バス5条8番停留所または深川十字街停留所下車徒歩5分
道央自動車道深川インターチェンジから10分

■イベント
 ・aveトーク&ライブ
  同会場にて福島在住のシンガーソングライターaveと展示作家数名、
  東洲館館長を交えたトークイベントならびにaveによるライブイベントを開催
  日時/8月21日(金)18時~ 入場無料

■展覧会によせて
2011年3月11日に起きた東日本大震災は未曾有の災害となり、人、町、生活などを我々から奪い去っていきました。
それを受けて私たち写真家有志は、写真家として何ができるのかを自問自答し、震災半月後に[写真で被災地を復興する会]を結成し、その年の11月に、まずは東京の二ヶ所の写真ギャラリーで17人の写真家有志により震災前に撮影した被災地の写真の展覧会とトークショーを開催致しました。
その後、参加した写真家数名がそれを引き継ぐ形で[3.11を忘れない写真家の会]を結成致しました。

私たちは2011年から関東、東北を中心に展示を繰り返してきました。
今回展示する作品は写真家たちが日々記録し撮り続けてきた震災が起きる前の町の写真と震災が起きた後の〝いま″の写真です。
実行委員会のメンバーとその意志に賛同して下さった写真家の方々で展示致します。
私たちの展覧会にぜひ足を運んで頂けたらと思っています。
宜しくお願い致します。

【3.11を忘れない写真家の会】

 

広告を非表示にする