G5逝く

今日は、外出をキャンセルして急遽決まったグループ展の作品づくりをした。

グループ展とは12月9日(月)〜12日(木)に武蔵野美術学園311ギャラリーで開催される「Keep in mind-あの町の記憶」である。3.11を忘れない写真家の会の展示がくしくも311ギャラリーで催される訳である。

今回は、1999年の水戸のモノクロの新作?を出そうと思い、時間がないのでスキャンして出力することにした。

久しぶりにフィルムスキャナーを接続し、これまた久しぶりにiMac G5に電源を入れる。

しかし、ランプはついたものの反応がない。その後、ランプもつかなくなってしまった。どうやらご臨終のようである。これで一部の機材が使えなくなってしまった。特に訳あってphotoshopのCSではない6を使わないといけない作品があるので困ってしまう。中古で探すか。

仕方がないので、とりあえず無理は承知でフィルムスキャナーの10.4用の(最新)ドライバーを10.6にインストールしてみる。何と動くではないか。だが、案の定1枚スキャンして2枚目の途中でフリーズ。以後動かなくなる。

フィルムスキャナーは諦め、フラットベットスキャナーに切り替える。プリントはサービスサイズしかないのだが、35のフィルムよりは良いかと思いスキャン。100G位のデータをA3+に出力をイメージしてリサイズ。A4にテスト印刷してみると思ったより全然良い。

そこで、とっておきの月光グリーンラベル登場。無くなる前に買いだめしておいたのだ。完成して見ると結構なでき(写真は初期のものなので拙い感じではあるが…)。

グリーンラベルはやっぱり良い。復活してくれないだろうか。

 

広告を非表示にする