グルスキー展再訪

前回、六本木を訪れた時に休廊中だった禅フォトとTaka Ishii Gallery Photography/Filmにやっと行く事が出来た。

TiG Pは移転した際のオープニングレセプションに行けず、先日のアラーキーさんのオープニングにも行けなかったので、初訪問となった。少し駅から遠くなったがスペースも広く良い感じである。

少し時間があったので、グルスキー展を再訪してみた。今回は音声ガイドを利用してみた。展覧会で使用するのは初体験なのだが、17点の作品解説とプロローグ等幾つかの補足説明で500円。ちょっと割高なような気がした。帰ってからもらったリストを見てみたら、休憩室で聴けるというのを聞き逃していた。これが一番面白そうだったのに失敗。

2回目ということで余裕をもってみる事が出来たので、音声ガイドも悪くはなかった。でも、やはり1回目(1巡目)は先入観なしで見た方が良いと思う。

今回も風景写真のデジタル処理について考えさせられた。しかし、画像のごみ取りだってデジタル処理なのだから、もはやそこから逃れられないのかも知れない。

 

広告を非表示にする